Kineos Management

Artists

陶芸家

Dorothy Feibleman ドロシー・ファイブルマン

Profile

アメリカ生まれ。
1973年
ロチェスター工科大学卒業(B.F.A.取得)
1973年
イギリスへ渡り工房を開く
1975年~
Craftsmen Potters Association (CPA)会員(1985年~1991年は審議委員)
1975年~
英国手工芸協議会スライドインデックス
1990年~
スイス ジュネーヴの国際陶芸アカデミー(IAC)会員
1993年~
日本在留資格保持
1999年
日本国際交流基金フェローシップ
2001年~
日本で工房を開く

ドロシー・ファイブルマンは彼女の象徴とも言える透光性のある白地に白の練り込み技法を使った陶磁器作品で知られる国際的に活躍するアーティストです。1969年以降、カラー粘土を使った練り込み陶磁器の草分け的アーティストとして活躍。1995年以降は透光性のある白地に白の練り込み陶磁器作品で国際的に広く名を知られるようになる。日本国内に数カ所の工房を持ち、日本でも長年に渡り制作活動を続けている。アーティストとしての初期を過ごしたロンドンでは、職業上の関係ではなく一個人としてルーシー・リーと深い親交を持つ。

ロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館の永久収蔵品となっている金と陶磁器製の宝飾品(写真A)から、岐阜県現代陶芸美術館の永久収蔵品となっている透光性のある白地に白の練り込み作品と光を使ったインスタレーション(写真B)、またニューヨークのメトロポリタン美術館の永久収蔵品となっている白地に白の練り込み作品(写真C&D)まで、ファイブルマンの作品は小さいものから大きいものまでその大きさに関わらず目にした者に畏敬の念を抱かせるものである。最近では、某個人コレクターのために白地に白の練り込み作品と光を組み合わせたインスタレーションを制作。メアリー・コルス、ラリー・ベル、フランク・ゲーリー、ジェームズ・タレル、深見陶治、勝間田千恵子、林康夫、草間彌生など、錚々たるアーティストの作品と共に、コレクションに加えられた。

ファイブルマンの作品はこれまでにヨーロッパ、アメリカ、日本、台湾、その他アジア太平洋地域の国々で展示され、日本ではグリーン・ギャラリー(東京)、酉福ギャラリー(東京)、ノリタケの森ギャラリー(愛知)、INAXライブミュージアム(愛知)、市之倉さかづき美術館(岐阜)、岐阜県現代陶芸美術館(岐阜)、益子陶芸美術館(栃木)、佐賀県立美術館(佐賀)での展示歴を持つ。

また、Wedgewood(イギリス)、Noritake(日本)、Herend(ハンガリー)、INAX/LEXIL(日本)、Kohler(アメリカ)、Amaco(アメリカ)等の企業にデザイン提供した経歴も持つ。

Born in USA.
Studied ceramics at Rochester Institute of Technology, B.F.A., 1973
Moved to England in 1973 and set up studio.
Member of the Craftsmen Potters Association (CPA), 1975 -, Council Member, 1985 - 1991
British Crafts Council Slide Index, 1975 -
Member of the International Academy of Ceramics, Geneva, Switzerland, 1990 -
Japan Foundation Fellowship, Japan, 1999
In Japan on residencies since 1993, private studios in Japan, 2001 -

Dorothy Feibleman is an international award-winning artist known for her iconic groundbreaking translucent white/white nerikomi porcelain expression. Internationally, she has been recognized as the unique creator of translucent white/white nerikomi since 1995. She is also known for her pioneering use of color in nerikomi porcelain since 1969. She has several studios in Japan where she has been working for many years. Early in her career, she worked in London, and although Lucie Rie was not her teacher, they were personal friends.

Ms. Feibleman’s work is awe-inspiring regardless of its size. Her works range in size from jewelry using gold and porcelain, as seen in the permanent collection of the Victoria and Albert Museum in London (photo A), to the light installation of her original translucent white/white nerikomi work in the permanent collection at the Museum of Modern Ceramic Art, Gifu (photo B), to her unique white/white translucent expression in the permanent collection of the Metropolitan Museum of Art in New York City (photos C & D). She has recently made an architectural translucent white/white porcelain and light installation for a private collection. This collection includes the work of Mary Corse, Larry Bell, Frank Gehry, James Turrell as well as Sueharu Fukami, Chieko Katsumata, Yasuo Hayashi and Yayoi Kusama.

Dorothy Feibleman has shown extensively in Europe, the USA, Japan, Taiwan, as well as other countries in the Asia/Pacific. In Japan, she has shown at the Green Gallery, Yufuku Gallery, Noritake Garden Gallery, Inax Museums, Ichinokura Sakazuki Art Museum, Museum of Modern Ceramic Art Gifu, Mashiko Museum of Ceramic Art and Saga Prefectural Art Museum.

She has also designed for or worked with Wedgwood and Noritake, Herend, Inax/Lixil, Kohler, Amaco and others.

A.
ヴィクトリア&アルバート博物館永久収蔵品
The permanent collection of the Victoria and Albert Museum
B.
岐阜県現代陶芸美術館永久収蔵品
The permanent collection of the Museum of Modern Ceramic Art, Gifu
C.
メトロポリタン美術館永久収蔵品
The permanent collection of the Metropolitan Museum of Art
D.
Cの類似作品(光あり)
Similar piece to C with lighting

作品についてのお問合せ

作品についてのご質問及びお問い合わせはメールまたはお電話にて承っております。
For queries regarding the artist or works,
please contact us by e-mail or telephone.

メールはこちらTEL 0572-26-8057
Back to Top